中高年が転職で給料を上げるには業界について深い知識が必要となります

本来中途採用というのは即戦力採用といわれているもので、キャリアアップを目的としていたのですが、今の時代転職というと前職よりも給料が下がっているという人が非常に多いのが特徴です。

40代以降の中高年は転職すると一部のCEOを除き年収が下がる傾向があります。

その中には転勤や残業が嫌で総合職から一般職になりたくて転職したという方もいらっしゃいますが、多くの人は転職して同じ様な仕事をしているか、それ以上にハードになったという状態となっています。それなのに給料が下がってしまうという悪循環に陥っている人が多いのが現実で転職という存在自体があまり良くないと採用する側も採用して貰う側両方が感じている状態となっています。

ではどうして多くの人が転職をして年収がダウンしてしまうのでしょうか。それはその業界にいる上で必要な知識や技術が身についていないという実情がとても多いのです。正直人間は誰しも楽をして生きていきたい生き物です。

その為最初はガムシャラに頑張っていた人でもある時をキッカケに楽を覚えていつの間にか毎日をただ過ごすだけで、情熱も無くなり仕事への不満ばかりが出てきてしまうという流れとなってしまうのです。

厳しい現実ですが長くやっていただけの技術が他で通用するのかというとそんな事はありません。

ただ毎日を過ごしていただけでは入社して少し経った頃とそこまで実力的に変わっていないというのが現実で、そこに気がつかないから更に悪循環になってしまうのです。確かに長くその業界にいれば知識等は多少多くあるのかもしれませんが、それに伴う技術や行動力というのを持ち合わせていないという方が非常に多いのです。

役員採用でもない限り基本的に現場でどの位数字に貢献できるかというものが問われるのがプロです。

ossan

特に中途採用されて最初からマネジメントというのは難しく現場作業からスタートするパターンが大半ですので、そこで優れた能力が無いとどうしても採用する側からしてもメリットを感じないのです。実力が無い上司には部下も付いていかないのです。40代は転職サイトを使うことでこの点をカバーできることもあります。

そして勘違いしてはいけないのが、自分の思った通りに動いてくれれば必ず結果が出るという考えです。そこで部下を動かす為に自分の実力が必要なのです。

そこに気がつかないといつまで経っても年収の上がった中途採用はできません。厳しいかもしれませんがプロは結果が全てです。そういう現実をしっかりと理解した上で転職は行いましょう。