不景気といっても選ばなければ求人は正直沢山あるのです

売り手市場といわれてから今どの位でしょうか。

少し前までは仕事に対して人手が足りなくなっており、転職市場もヘッドハンティングが活性化していたのですがここ最近では色々と中途採用の市場も転職サイト側が色々と宣伝をして無理やり活性化させている様に感じます。

やはりそこには不景気の影響が少なからず存在し、色々な企業で売上の頭打ちという事もあり、人員を増やしたくても増やせない状況となっています。

それどころか売上の減少に歯止めがきかなくなり名だたる企業達がリストラや希望退職に走っているのが厳しい実情です。

こんなニュース等が沢山飛び交い現役大学生や今年終活を控えた高校生達は憂鬱な気持ちで一杯になってしまっている事でしょう。

ですがこんな状況下であっても人手が足りていない企業は沢山あるのです。

それが現場関係の体を使ったお仕事です。

世の中の典型的なパターンなのですが、大変な仕事というのは自然と人手や寄り付かないのです。

いえ、世の中の大半は大変な仕事なのですが、華の無く誰にでもできる仕事になると世間体の問題もあり、その求人に人手が集まらなくなるのです。

特に大学進学が当たり前になっている今の世の中では親からしてもそういった仕事に就いて欲しくないという家庭も多く、人気の無い職場では慢性的に人手が不足してしまっております。

有名大学の場合はもし就職試験に失敗してどこからも内定が得られない場合は第二新卒という枠でアルバイトや研究員で大学に残り新卒枠で就職を探す人が多く、売り手市場といわれているのは結局の所有名な就職サイトや転職サイトで求人を出す事ができる財政的にも余裕のある安定企業に限られてしまうのです。

その為現場関係の仕事というのはいつまで経っても活性化しないままになってしまっているのです。

人が生活するには確実に必要となる仕事であるはずなのに、そこに良い人材が流れない仕組みが出来上がってしまっているのです。

本来は国がもっと力をいれてこういった現場仕事に対するイメージを良くして良い人材を増やしていく事が大事なはずですが中々そこまで手が回っていないのが実情なのです。