中高年が転職で給料を上げるには業界について深い知識が必要となります

本来中途採用というのは即戦力採用といわれているもので、キャリアアップを目的としていたのですが、今の時代転職というと前職よりも給料が下がっているという人が非常に多いのが特徴です。

40代以降の中高年は転職すると一部のCEOを除き年収が下がる傾向があります。

その中には転勤や残業が嫌で総合職から一般職になりたくて転職したという方もいらっしゃいますが、多くの人は転職して同じ様な仕事をしているか、それ以上にハードになったという状態となっています。それなのに給料が下がってしまうという悪循環に陥っている人が多いのが現実で転職という存在自体があまり良くないと採用する側も採用して貰う側両方が感じている状態となっています。

ではどうして多くの人が転職をして年収がダウンしてしまうのでしょうか。それはその業界にいる上で必要な知識や技術が身についていないという実情がとても多いのです。正直人間は誰しも楽をして生きていきたい生き物です。

その為最初はガムシャラに頑張っていた人でもある時をキッカケに楽を覚えていつの間にか毎日をただ過ごすだけで、情熱も無くなり仕事への不満ばかりが出てきてしまうという流れとなってしまうのです。

厳しい現実ですが長くやっていただけの技術が他で通用するのかというとそんな事はありません。

ただ毎日を過ごしていただけでは入社して少し経った頃とそこまで実力的に変わっていないというのが現実で、そこに気がつかないから更に悪循環になってしまうのです。確かに長くその業界にいれば知識等は多少多くあるのかもしれませんが、それに伴う技術や行動力というのを持ち合わせていないという方が非常に多いのです。

役員採用でもない限り基本的に現場でどの位数字に貢献できるかというものが問われるのがプロです。

ossan

特に中途採用されて最初からマネジメントというのは難しく現場作業からスタートするパターンが大半ですので、そこで優れた能力が無いとどうしても採用する側からしてもメリットを感じないのです。実力が無い上司には部下も付いていかないのです。40代は転職サイトを使うことでこの点をカバーできることもあります。

そして勘違いしてはいけないのが、自分の思った通りに動いてくれれば必ず結果が出るという考えです。そこで部下を動かす為に自分の実力が必要なのです。

そこに気がつかないといつまで経っても年収の上がった中途採用はできません。厳しいかもしれませんがプロは結果が全てです。そういう現実をしっかりと理解した上で転職は行いましょう。

中途採用の面接で「当社でしたい業務はありますか?」と聞かれたら

中途採用活動の面接ではいろいろ事を質問されますが、その中の一つに「当社で担当したい業務はありますか?」という質問があります。これを聞いてくる質問担当者の本音は何なのでしょうか。またどのように回答するのがいいのか解説します。

・入社意欲や成長意欲、貢献意識がある人なのか確認されている

「当社で担当したい業務はありますか?」という質問は転職理由や志望動機の延長によく聞かれる質問です。やはり中途採用においては「何でもやります」はダメです。どんな仕事でもいいなら他の会社でもいいじゃないか、と思われます。求人企業が採用したい人は必要なスキル、経験、適性を備えていてそれをフルに発揮して会社を盛り上げてくれるような人なのです。

したがって、聞き方としては「当社に入社して5年後、10年後にはどのようになっていたいですか?」というようなバリエーションもありえます。未来の目標を質問する事により、応募者の入社意欲を確認したり、自己努力による貢献意識を探るのが目的なのです。

ですから、希望する業務や取り扱いたいジャンルを具体的に述べる事だけではなくて、その仕事を通してどんなスキル、経験、適性を生かしたいのか、それを通じて自分のどんな目標を実現したいのか、また会社に対してこんな貢献できると思うなどという内容をいれて答えると良いでしょう。入社後にしていきたい仕事の内容を具体的に明確に思い浮かべる事、その仕事を通じていかせる自分の能力、会社に何を貢献できるのか、プランをねって考えておきましょう。

転職において大事になってくるビジネスマナー能力と計画

転職において大事になってくるのが、ビジネスマナーになってきます。転職というのは、企業側からすると中途採用になってきます。中途採用は主に即戦力を希望している企業が多いです。

そこで、ビジネスマナーを1から教えるよりも、既にビジネスマナーに優れている人を採用した方が、企業側からすると楽になってきます。また、最低限ビジネスマナーが身についていないと採用しない所も多いです。このように、転職においては、ビジネスマナーがしっかり身についているかどうは大事です。もちろん、多くのビジネスマナーを身につけている方がプラスになってきます。

そこで、面接で自分のビジネスマナー能力をしっかりとアピールしていく方法もありますけど、ビジネスマナー関係の資格や検定を取得しているとあなたのビジネスマナー能力をアピールしやすいです。

ビジネスマナー検定や秘書検定などを転職の前に取得しておきます。もちろん、上位級を目指します。少しでも、高く評価してもらうためには、3級などではなくて、2級以上を目指すのが良いです。

上位級の試験になってきますと、かなり難しい問題も出題されます。そこで、なるべく早く勉強を開始して、合格できるように努力する事が必要です。

また、資格や検定によっては、面接試験などもあります。面接試験がある場合は、その場合の対策や計画ももしていきます。

以上のように、転職でビジネスマナーをアピールしていく事は必須ですので、そのための対策をしていきます。

転職しても一定の期間内なら転職前と同じ条件で戻ってこられる企業もある?

大学生で、就活をしていると就職できることが第一になっていきがちですが、しかし内定をもらったとしても不安要素はあります。

それは、新卒は、もう二度とないということです。

一度就職してしまったら、たとえ翌日に退職したとしてももう新卒で就活はできません。他の、中途採用の人たちと同じ基準で、より少なくなった採用枠を争うことになるのです。

しかしそうはいっても働いてみなければわからないことも多いです。いざ働き始めたら、説明会など、最初に聞いていたのと条件が違う、ということは普通にあります。言われていたよりも残業が多いということや、職場の人間関係が派閥に分かれていていつも身の振り方を考えて行動しなければならずつらい思いをしている、ということなどです。まず三年働け、と言われても、つらくてつらくて我慢できない場合もあります。

でも必死で転職活動をして、見つけた先がさらに悪かったら、どうしたらいいでしょう。前の職場の方がまだましだった、と思っても遅いのです。

そういう場合、まず最初に、中途採用を許す職場を選ぶ、という手もあります。

会社によっては、そこから転職をしても、2年、あるいは3年以内なら、同じ待遇で雇い直すことを明言している企業があります。そこならば、働き始めてつらいと思ったらそこはまだ普通の労働環境で、本当につらいのは転職先だった、というときにもスムーズにもどれます。また、転職を許す自信があるということでもあり、ブラックな労働環境という可能性が低まるのも安心材料でしょう。

不景気といっても選ばなければ求人は正直沢山あるのです

売り手市場といわれてから今どの位でしょうか。

少し前までは仕事に対して人手が足りなくなっており、転職市場もヘッドハンティングが活性化していたのですがここ最近では色々と中途採用の市場も転職サイト側が色々と宣伝をして無理やり活性化させている様に感じます。

やはりそこには不景気の影響が少なからず存在し、色々な企業で売上の頭打ちという事もあり、人員を増やしたくても増やせない状況となっています。

それどころか売上の減少に歯止めがきかなくなり名だたる企業達がリストラや希望退職に走っているのが厳しい実情です。

こんなニュース等が沢山飛び交い現役大学生や今年終活を控えた高校生達は憂鬱な気持ちで一杯になってしまっている事でしょう。

ですがこんな状況下であっても人手が足りていない企業は沢山あるのです。

それが現場関係の体を使ったお仕事です。

世の中の典型的なパターンなのですが、大変な仕事というのは自然と人手や寄り付かないのです。

いえ、世の中の大半は大変な仕事なのですが、華の無く誰にでもできる仕事になると世間体の問題もあり、その求人に人手が集まらなくなるのです。

特に大学進学が当たり前になっている今の世の中では親からしてもそういった仕事に就いて欲しくないという家庭も多く、人気の無い職場では慢性的に人手が不足してしまっております。

有名大学の場合はもし就職試験に失敗してどこからも内定が得られない場合は第二新卒という枠でアルバイトや研究員で大学に残り新卒枠で就職を探す人が多く、売り手市場といわれているのは結局の所有名な就職サイトや転職サイトで求人を出す事ができる財政的にも余裕のある安定企業に限られてしまうのです。

その為現場関係の仕事というのはいつまで経っても活性化しないままになってしまっているのです。

人が生活するには確実に必要となる仕事であるはずなのに、そこに良い人材が流れない仕組みが出来上がってしまっているのです。

本来は国がもっと力をいれてこういった現場仕事に対するイメージを良くして良い人材を増やしていく事が大事なはずですが中々そこまで手が回っていないのが実情なのです。

銀行の事務職だが紹介予定から中途採用されて働くことができた

金融業界(銀行)で、銀行同士の統合にまつわる事務全般のお仕事でした。運のいいことに派遣社員からスタートして中途採用で正社員になることができました。

内容は、ファイルの整理が主でしたが、郵便物や配布物を整理したり配ったり取りに行ったりという仕事です。
他には、回覧物を整理したりというのもありました。
配布物を印刷してファイリングするのには、他の派遣社員3人くらいとテーブルで広がって協力して作業することもありました。
途中から研修の事務に変更となり、研修所で資料をまとめたり受付をしたり、配布したりという内容でした。
どれも一般的な事務作業というよりは自分で考えて動くことが必要だったように思います。

銀行で働くという経験ができたことが良かったです。
内容的にはどの業界でもどんな会社でも発生しそうなファイリング作業や受付でしたが、銀行ならではの人間関係、業界用語などなどここでしか経験できないことが経験できました。
また、とても神経質な人が多かった職場で、メールを送るときの肩書や名前を一字一句間違えてはいけないなど細かい作業が必要となり、それが自分にとってとても勉強となりました。
上司も頭の回転がよく、話をしていてとても刺激的でしたし、それまでIT業界ばかりの私にとって見たことのない世界で毎日が新鮮でした。

中途採用はあまり良いイメージがありませんでしたけど、そうでもないものだと思うことができました。